皆さん、こんばんは。今週から私・矢野が再びランチのパスタを作ります。

イタリアンの定番パスタから季節の食材からインスピレーションを受けたパスタ、はたまた系列店、グランフロント大阪「レジーナ 創作中華」在籍時にチェックした中華食材を使った変わりパスタ等「楽しく・美味しく・印象に残る」パスタをご提案させていただきます。

よろしくお願い致します。

干し海老のペペロンチーノ.JPG

「初冬のキャベツとフレッシュトマト、干し海老のスパゲティー」

 

現在、ディナーメニューにも入っている当店の定番パスタ。寒くなるにつれて甘み、美味しさを蓄えていく初冬のキャベツ。そこにフレッシュトマトの軽快な酸味とうま味をプラス。更にイタリアンでしたらアンチョビでうま味とコクを追加するところですが、私はそこに中華のうま味「干し海老」を使います。中華のキッチンにいた経験からの発想です。そしてこのパスタ、油脂はオリーヴオイルでなく太白胡麻油(生の胡麻から絞ったあっさり、優しい風味の胡麻油)を使っているのも特徴です。食材の組み合わせからだと中華の「塩焼きそば」、しかしスパゲッティーで最後に美味しいソースと油脂を「乳化」させるところにイタリアンのルールがあります。仕上げに五香粉を降ってまたアジアン寄りに...楽しいパスタの完成です。

luciana しろ菜2.JPG

「モンゴウイカと大阪しろなのトマトソース スパゲッティー」

 

最初のパスタの説明が長くなってしまったので...

こちらのパスタはまさにイタリアンの定番。大ぶりカットしたモンゴウイカをトマトソースで軟らかく煮込み、トマトソースにモンゴウイカのうま味と風味を移します。ソースとパスタと合わせて仕上げる際になにわの伝統野菜・大阪しろ菜をカットして投入。余熱でシャキッとした食感になったら素早くお皿に盛りつけます。イタリアンのソースと地場在来種お野菜のマリアージュです。

クリームソース大葉の.JPG

「じゃがいもとエリンギ、干し貝柱の大葉クリームソース ショートパスタ」

 

地場のじゃがいもも沢山出てきています。そこで「じゃがいも寄り」のパスタ料理を作ります。粉吹きにしたじゃがいもとエリンギ、生クリームでソースを作ります。そこに中華のうま味「干し貝柱」とその戻し汁を加えます。茹で上がったパスタと和えたら大葉で作ったジェノベーゼを混ぜて全体に爽快感を演出します。私の大好きなパスタです。ショートパスタはあえて決めません。テーブルに届くまでのお楽しみ。どうしても気になる方はスタッフにお尋ねください。

 

 

そして今週から新しいパスタランチが加わります。

 

自家製パスタランチ」です。

 

私の得意とする自家製パスタ、乾麺とは明らかに違うモチモチ感、のど越しをお楽しみください。

carbonara fettuccine2.JPG

「神戸ポークの自家製ハムの炙りと温泉卵、カルボナーラソースのフェットチーネ」

 

きしめん状のフェットチーネをカルボナーラソースで和え、長期熟成させうま味の高い自家製ハムを炙ってのせ、温泉卵を真ん中に落としました。仕上げに煎った粗挽き黒胡椒がピリリと全体を引き締めます。パスタはカルボナーラソース(卵黄入りのクリームソース)で温泉卵を落とすので「追いタマゴ」的なイメージです。濃厚です。しかし全体ではあっさり食べ易く、そして印象的に仕上げるのが私のパスタ料理です。自家製麺の為、初めは「限定10皿」とさせていただきます。そしてお値段も300円upの1300円でのご提供となりますのでよろしくお願い致します。

 

今週も皆さまのご来店、心よりお待ち致しております。(massa)